稽古日誌

剣道が強い人はフィジカル面に秀でた人がそんなにいない

じゃあ、わたしダメじゃん…笑

 

どうも、ちょんです。

 

 

冒頭からタイトルに逸れますが、以前取り上げました「応じ技より出ばな技を使わないと怒られるから、応じ技を使うタイミングがわからん!」の件。

 

 

ようやくですが、このタイミングかな、というのが見えてきまして。

 

それは、「相手が自分よりも大きい場合」です。

 

 

 

 

わたし、身長が180㎝で体重が73㎏と、フィジカル(体力)面で競り負けることはそんなにないのですが時々、わたしより縦も横も大きい方と当たる時があります。

 

 

 

打ちに行くだけでなんか怖いし、そもそも懐が深くて当たる気がしないし、で「大きい」ということはそれだけで有利なんだな、というのをこういった方と稽古させてもらうと感じます。

 

 

 

で、何より打突を潰されるんですね。特に試合。合い面のように見せてこっちの打突を無理やりに体制を崩してなかったことにできてしますのが恐ろしい。明日仕事ができるのか冷や汗ものです…。

 

でも、身長が高いから体格に恵まれているから試合に勝てるかというとそうでもない。事実、全日本剣道選手権の歴代の優勝者を見ると失礼かもしれませんが、どこかの点で体格に恵まれている方ってあんまり見かけないんですよね。

 

 

それはなぜか。これこそよく言われる剣道が体格で行う競技ではないから。だから、高齢になってもできるんですね。

 

じゃあ、剣道に大事なものは何か。それはタイトルの答えにもなります。

 

それは、相手との接触を避けること。つまり足にしても体にしても捌きがしっかりしていることです。

 

 

 

例えば胴技はまさにそうですね。返し胴や抜き胴は相手の体に触れることなく有効打突を取ることができる技。返し胴って簡単そうに見えますが、高段位の方の返し胴って必要以上に動かない点から捌きを体得されていることがわかります。

 

 

面擦り上げ面などもそうですが、踏込を必要としない技は相手と接触しないで済む技。体が大きくない方はこうした体裁きがモノを言う応じ技を覚えておくと立派な武器になります。

 

 

 

出小手もそうです。当たった瞬間に判定が出来てしまう技でもありますが、本当に出小手がうまい人は後処理が素晴らしい。打突後にしっかり足を使って相手の正面を避ければ衝突をさけることが出来ます。

 

逆に合い面。特に身長が高い人はその場で打っても一本にできてしまうから打突後に足を使うことってそんなにないんですね。

 

このように、応じ技を使うことは捌きを要求されることが多いです。高段位の方がどれだけ剣道歴を重ねても衰えがないのはここに秘訣がありそうです。

 

考えてみたら、「後の先」ってすごいですよ。物理的に考えてみると、先に仕掛けた方が体が動くエネルギーが大きいから応じる側は真正面からいってもエネルギー量で勝てる訳がない。だから、そのエネルギーを最小限に受けて、流して、自分のモノにする。

 

「後の先」の技こそ、合気を利用した剣道らしい渋い技なんですね。そう思うと応じ技ってかっこいいな!

 

 

 

機会と感じたら「後の先」も繰り出していく。それは捌きを体得するため。そう思いながら稽古に励みたいと思います。