稽古日誌

剣道の打突が弱い⇒構えた時の左手を右腰に置いたらどうだろう

構え一つでこんなに違う、と感じました。

 

どうも、ちょんです。

 

 

 

高段位の方たちは左手の位置が左腰に置く人が多いです。というのは、右半身、つまり右側の体が内側を向いていて竹刀は相手の左目を突くように構える。こうすることで中心を捉えた構えになります。

 

 

ということで、いきなり真ん中を構えたつもりでも実は体は右を向いていたりして、そもそもの構えから正しくない、ということがよくあるんですね。

 

 

試しに高段位の方の構え方だけ真似してみましょう。右半身が身についていない人は体は外側に向いています。竹刀は相手の右目を狙い、自分の体は外を向いているのですから、力の向きが相手を向いていません。よって、十分な打突が出来ないという理屈。いわゆる力のない逃げたような打突になってしまいます。

 

 

剣道って本当に奥が深くて、打突で大事なことは打突する前に決まっていることが殆どです。「毎日、鏡の前で構えるだけで稽古になる」という言葉は本当なんだな、って実感してます。

 

 

とはいえ、右半身て中々すぐに身につくものではないから矯正手段が難しい。

 

 

そこで考えたのが、左手を右腰に置くことです。

 

こうすることで体は自然と左側、内側を向くことになります。剣道はもともと右手右足を前にして構えますから、右腰に左手を置くことで反発作用でバランスが取れ、真ん中を構えたことになります。しかし、裏から攻める場合は左手は気持ちだけ左腰に置くようにし、相手の左目を突くようにして、竹刀が上からかぶさる様にして裏を取ります。右腰に置いたままだと裏から攻めた時に中心が非常に取りづらいのからです。

 

 

かといって、左手をブンブン動かさないように心掛けると尚良いです。これは言葉で説明ができないのですが、左手が動き回っているとそれだけで、打てる気がしなくなるからです。

 

 

竹刀を振りやすくなるのもメリットです。右手右足前の構えで体が外側を向いていると右手打ち、左手が伸びず、左手首が折れた打突になりやすいですよね。一方、右腰において相手の右半身を攻めるように構えると、自分の手が少しクロスした形になりますね。こうすることで、左手を前に出さないと打突が出来ない仕組みが出来上がります。これなら絶対左手が折れることがなく、伸ばさないと打突が出来ない形になります。

 

すると、力の伝達がスムーズになります。下半身の力の支えがあって打突が出来ていることが実感できていれば、それが理想となる全身での打突になっています。

 

 

一見、聞いたことがない構えですが、これは古武術でいう「乗り」や「付け」と呼ばれる構えで、一応由緒ある構えですが、普段はあまり聞きなれないですね。

 

大事なことは、右腰に置き続けることでもなく、相手に伝わる構えは何かを模索し続けることだと思います。

 

 

 

剣道に絶対の構えはありません。普通の中段にも欠点はあります。相手に響きやすい構えは、打突はどこか、一本になるまでそれを探し続けることに剣道の本質が隠されているような気がします。

 

 

 

さーて、稽古してくるぞー