稽古日誌

剣道で高段者の先生に面や小手以外を打つと評価されないホントの理由

変な稽古をすると、逆に稽古時間が長くなるんですよね。

 

 

どうも、ちょんです。

 

 

前回のお話では、自分らしい剣道を試合で表現できるか、これが警察の方と実業団の方との違いであることに触れました。がんばれ富士ゼロックス!

 

 

 

ということで、本日のお話。なぜ面と小手以外を打ち込むと高段位の先生方に煙たがられるのか。わたしもこれの意味が分からず、返し胴などを狙っている時期がありました。

 

 

まず、剣道を表現として考えてみると、試合や審査は自分の剣道をいかに表現できるかを試す場なんだと思います。ではなぜ稽古を重ねるのか。それは、強くなるためというよりは、いかなる時でも自分の剣道を表現できるように日々練習しているはずです。

 

 

なので、例えば自分の剣道が、先で仕掛けて崩れたところを取りに行く!というより合面や返し胴など応じ技主体が自分の剣道だ!ということであればそれを極めればいいんだと思います。ただし、試合ならまだしも審査など一定の解がある場面で評価されるかどうかは別だと思います。

 

とは言え、先をかけて取りに行く剣道が出来てこそ応じ技が活きるはずで、高段位の先生方もそんな剣道をしてもらいたく、面と小手で来い!とお考えなのだと思います。

 

 

では、先をかけて取りに行く剣道が大事、という前提で面と小手以外を打つと評価れない理由とは。

 

 

 

1、仕掛けて取ることが出来るのは面と小手しかない。

打突の機会は

・相手が打とうとするところ

・相手が打ち終わったところ

・相手が居着いたところ

 

以上、3つです。最初の2つはまだしも、相手が居着いた時に打てるのは面・小手・突きになります。上段に対しては有効ですが、上段はご存知の通り、自分から先に動いてとるくらいの気持ちでいないと、物理的に間に合わないですので、上段に対しては胴もありだと思います。(それよりは小手と面で圧していった方が上段もやりづらいと思いますが)

 

 

 

2、気を当てて相手を崩すことが出来るのはこの二つ。

中段で構えますと、その延長線上相手の小手か突きを捉えます。つまり、相手の突き(の先に面があるのでひいては面と考えてください)と小手にプレッシャーをかけていますので、それをわざわざ気を当てていない胴へ打ち込む理由はない、という理屈。

 

 

 

3、本番を想定した時、これが出来ないということは拾い勝ちを期待するしかない

やっぱり、仕掛けて取る、が原則だと思います。普段から上記2点を意識していますと、それが自分の剣道になります。ということは「後の先」になるような応じ技を繰り出す場面はしていないわけで、それを試合や審査に多用するとなれば、それは自分の剣道ではない、ということです。

 

 

 

 

 

稽古は勝ち方にこだわるんじゃなくて稽古内容にこだわらないといけない、ということをおっしゃりたいのだと、わたしは解釈しております。

 

 

 

 

すると、自分の剣道を一言で表現できるかは非常に重要。=得意技を持っていて、その通りに展開できるのかは非常に大事です。それは次回のお話にしたいと思います。