稽古日誌

剣道にも得意技があると良いたった一つの理由

剣道家であると同時に剣術家であれ。

 

 

どうも、ちょんです。

 

剣道を表現の観点から捉えると面白いですね。剣道は陸上のようなタイムを競う競技ではなく、審判の琴線に触れたら認められる、つまり心を突き動かされたか、が基準で一本になります。一種の芸術の要素を含んでいる、と思っています。わたしは芸術の勉強もしている、ということなんだな。

 

 

宮本武蔵は、剣術だけでなく水墨画や彫刻でも一角の才覚を表していたそうですが、そう考えると納得ですね。

 

 

さて、前回は自分の剣道を一言で表現できるか、ひいては得意技を言えるのかが大事だと話しました。

 

なぜ、得意技が明確になっていないといけないのか。それは、たとえ逆境に置かれてもこうすれば流れを自分に引き寄せられる、という手段を持っているか、ということになるからです。

 

畠中選手のすごいところは、流れを自分に手繰り寄せることを意識して稽古に臨んでいるのではないか、という推測をしています。ということは試合が硬直してきて両者の足が止まった時は突きを出すことで流れを変える、というイメージが出来ている。漫然と流れがこっちに来ることを期待して稽古をしていない。やはりプロですね。

 

 

稽古で勝ち負けにこだわるのではなく、稽古内容に拘っていないと身につかないと思います。地稽古なのに有効打突っぽい一本を取ったらわざわざ開始線から戻って始めなおす、ことを繰り返していると一本に強くなるかもしれませんが、試合や審査に強くなっているかと言えばそうではない、と考えます。

 

 

漫然と強くなってはいけない。展開を意識して稽古に臨むこと。

 

 

なので、得意技は誰かと比較する必要もありません。面の振りが同じ道場のあの人と比べて遅いから得意技と呼べないなあ、と考える必要がないのです。

 

 

ぜひ、得意技と呼べるものを身につけてみてください。