稽古日誌

剣道で高段位の方から迎え突きがもらい続くのは悪いことなのか

ここが気になってました。

 

 

どうも、ちょんです。

 

 

こちらの打ち込むタイミングが良くない時、高段者の方から「まだ早い!」という意味を込めて、迎え突きをもらうこと、ありますよね?あちらはただ構えてるだけ、ということですね。

 

 

もちろん、わたしも今でも迎え突きをもらいます。では、それは良くないことなのか。

答えはNOだと思います。

 

もちろん、とにかく自分のタイミングで攻めて打つだけならば意味はないと思います。ですが

前回の記事のように、「勝って打つ」ということを意識していれば、それこそ「そのタイミングではない!」という戒めを込めてくださる時があると思います。

 

練習で相手の中心を崩す練習をしていなければ、実践でもうまくはいきません。「勝って打つ」竹刀を構え合っている状態から中心を取る為に相手の竹刀を割って落とす気持ちで攻め込む、その過程を踏まえているなら全く問題ないと思います。

 

 

では、そもそもタイミングをもっと見極めて、先生が打とうとする瞬間に絞って打っていくことで、迎え突きをもらわないようにしていくことが大事なのか。

 

答えはそれもNOだと思います。

 

 

打突の機会とは

1)打つ前

2)打ち終わったところ

3)居着いたところ

 

の3通り。そのうちの1)のみに固執した練習では、、2と3に対しての練習をしていないことに、実践で発揮できないかもしれません。もちろん、打つタイミングを見極めることはとても重要なので、練習の時に1の機会で打つことを意図しているなら問題ないと思います。

 

 

高段者の先生は、やはり攻めが厳しい。簡単には中心が崩れないことが高段者たる所以だと思っています。攻めが厳しい先生から攻め勝つ練習をすることは大きな意味があると思うので、自ら仕掛けて打つ、という練習は必要だと思っています。

 

 

ということで、高段者の先生の正しい掛かり方とは、攻め崩しを意識することにあり、と自分に戒めたいと思います。