稽古日誌

剣道で「中心を取る」と「竹刀を抑える」も大違いだった

剣道はさじ加減が難しい。だから好きなんですけどね。

 

どうも、ちょんです。

 

剣道は極端なことや固執したりすることがあまり好きではない、流れるようにごく自然な状態を作ることが大好き。だから剣道が好きです。

 

最近の若い人も剣道が好きだと思うんですよね。強ければ良いわけでもなく、早ければ良いわけでもなく、相手の力に応じてごくごく自然な流れから自然に打突をする。つまり、頑張りすぎてはいけないのも剣道のテーマ。

 

 

 

さて、タイトルの件ですが、ここもまた剣道のテーマであるバランスを求められるところ。

 

剣道の大原則は「勝って打つ」こと。

8段範士ならまだしも、我々市民剣士には気攻めで完全に勝った状況を作ることは限りなく厳しい。ならば、剣攻め、体攻めも合わせて活用することでようやく「勝って打つ」状況が作れる。

 

 

では我々が目指すべき「勝って打つ」とはどういう状況か。

それは、自分が打てて相手が打てない状況を作ることだと思っています。

 

まず気攻め。

「少しでも行動したら打つ!」という姿勢を相手に伝えること。こうすることで、相手に自分自身がただの打ち込み台ではないことを理解させ、簡単に行動できないようにします。

 

 

次に剣攻め。

特に相手が若手であれば、出頭を捉える気持ちでいっぱいになっている人が多いでしょう。なので、相手が簡単に出られないよう、竹刀の動きを封じてしまう。剣道は最大4倍差で勝ち負けが決まる、と言われています。自分の実力を出し切るだけならば2倍差ですが、相手を弱らせて自分の実力を出し切る、つまりは自分は2倍、相手は1/2倍で4倍差。

 

そして体攻め。

気で勝ち、剣で勝っても、相手は体裁きでかわすことが出来ます。相手の動きそのものを封じるためにはこちらの体を、つまり攻め足となる右足を半歩前に出すことで威圧そのものを相手にぶつけること。こうすることで、相手は物理的に距離も近くなるので、前に攻めることは出来ず、後ろに下がるかその場で受けて防御するしかありません。

 

 

この3つを経てようやく良い打突となる。

 

 

さて、今回のタイトルの内容は剣攻めについて。打突の機会は本当にほんの一瞬だけ中心を自分の竹刀一本分制圧できれば十分。イメージとしては自分の左拳は中心から外さず、自分の剣先一つ分が相手の右胸を捉えるイメージ。一般的には竹刀を被せるように攻める、と表現されています。

 

自分の気持ちが固まっていない時に中心を取ろうとしても、これが相手の脇具合まで竹刀を抑えてしまう、つまり自分自身も打たれるんじゃないか、という気持ちが強いからこのような行為に表れてしまうんですね。

 

逆に常に抑えようとしていたら、相手はこちらが抑えてくる反動を利用して打ち返してくる。打つ機会を分かっている人はこういう小さい出来事を自分のチャンスにつなげてくる。

 

 

だから、中心は一瞬だけ取れれば良い。表現を変えると一瞬以外は自然な流れではないため隙になってしまう、ということだと解釈しています。

 

 

ここで自分の気持ちを確かめられることもわかりました。今日は攻めじゃなくて抑えようとしているから、もっと気と体攻めを出していかないといけない、今日は気と剣攻めが伝わりすぎているから、体攻めを緩やかにして相手を引き出してみよう、など。

 

 

流れるような剣道。目指していきたいと思います。