稽古日誌

ちょんが思う剣道の流れを一生懸命解説してみる

剣道を組み立てなさい、と何度も言われました。

 

 

どうも、ちょんです。

 

 

剣道において「心・技・体」を磨くことが上達の秘訣と教わります。しかし、それだけでは勝てない、というのは剣道は相手が成立しているのであって、心技体はあくまで自分の中で完結できる剣道における運動能力の話。環境要因が考慮されていないんです。

 

例えば、試合だったらチームが負けた状況で自分に出番が回ってきた、審査だったら相手が全く竹刀を合わせてこない癖のある御相手だった、と仮定すると自分の剣道を普段通り発揮する、つまり磨いた「心・技・体」を発揮することが目的を達成する全ての要因にはならないような気がします。厳密に言うなら自分の剣道の引き出しを多くしていないといけない、ということなんだと思います。

 

 

とは言え、大まかな流れはあります。相手を意識した立ち合いの流れを知っているだけでも自分に流れを引き寄せやすくなり、窮地に立たされても自分はどうすれば良いのかを判断できるようになります。

 

 

そこで、今回は立ち合いの流れ、特に地稽古や試合の時の流れについて書いてみたいと思います。

 

 

序盤は相手の出方を見るための攻めを使う

攻めたら打つ、が一般的かも知れませんが、これだと崩れたと見たらすぐさま打てる動体視力が良い人だけしか報われません。序盤の攻めはどのような攻め口を見せれば相手が動くのかを探らないと博打になってしまいます。本当に強い人はそこを応じて、逆にこちらが打たれてしまいますからね。極力運の要素を排除することが実力を何度でも発揮できるポイントだと思っています。

 

 

例えば、中心を取りたがる相手ならば相手がとり返してきた瞬間に裏からとり返す、近間から自分の剣先をまっすぐお相手の顔に向けてあげると手元があがる、何にも動じない人は実は居着いているだけ、などを判断するのが序盤です。

 

 

 

中盤はとにかく相手を攻め崩す

序盤で見せた攻めを布石にして相手を動かしにかかります。遠間から攻めて面を打っていたのを小手に切り替える、表から竹刀を抑え気味に面を打っていたのを裏から突き、など相手を困惑させることで、動くのが怖い、と思わせることがポイントです。

 

こうなると「自分が打てて相手が打てない」状態に入って確実に自分の流れに引き寄せている状態です。この状態になっていれば攻め崩して試合に勝てることも多いかと思います。

 

しかし、団体戦であれば時間内に有効打突を決めるのがポイントになりますし、個人戦であっても流れを変える〝何か〟があるだけで立場が逆転することも珍しくありません。

 

なので、実は相手にもチャンスだと思わせることが大事なんですね。だからこそ、相手を引き出す稽古を心掛けている必要があります。

 

 

 

そして終盤は相手を引き出す

中盤が仕掛けて勝つなら、終盤は応じて勝つです。

 

 

相手も勝つために試合をやっています。どこかで勝負に出てくる必要があるわけですが、「打たれるのが怖いなあ」と思いながらの打突は打ち切っておらず、打突後にすぐに防御に回ることも考慮しています。打たせ切らないといけない。

 

そこで、相手を誘導させます。こちらが攻めて、しかし相手も負けじと攻め返して来たらそのまま打ち込んできます。そこを応じる。相手が攻め返してこない、攻め返してきても打ってこないならばこちらが仕掛ける。

 

 

 

 

以上が試合で意識しておきたい流れになります。剣道は相手がいて成立するならば、相手も引き立てる必要があります。むしろ引き立てる剣道こそが剣道の本質なのかもしれません。

 

 

次回は、この引き立てることと剣道についてを記載してみたいと思います。