稽古日誌

殺す気で攻めたのに「もっと殺す気で来いよ」と言われた地稽古の反省

最近、自分の中では「良い攻め」がで出来てると思ってたのですが、出稽古で実力試しをしてみれば反省点ばかり。今回は攻めと間合いについて考えさせられました。

 

 

自分の間合いだけで剣道をしている

攻めを意識してから「打てる距離」と「打てない距離」が分かる様になってきたので自分の間合いから攻防をしかけるようにしています。もちろん、人によって展開する間合いは違いますが、私の場合、触刃の間(剣先と剣先がかすかに触れるところ)から展開することを意識しています。

 

自分から仕掛けて相手の間合いに攻め込むことは問題ないものの、相手が攻めてきたときに、自分の間合いを保つために縁を切ろうとしていました。わたしが攻め返して機会を自分のものにすることが出来ていない、ということですね。

 

自分のタイミングでしか剣道が出来ていない、とも言えます。

 

 

なぜ自分のタイミングでしか剣道が出来ないのか

相手に余裕を与えてしまっているのが原因。つまり、間合いの攻防でわたしが行っているつもりの攻めは相手にとって攻めとして見えていない、ということなんだと思います。

 

 

だから、相手も気持ちよく攻めと打突ができてしまいます。これが一番の原因。応じるためには相手を引き込まないといけないですが、私の場合、相手が「仕方なく打ってきた」のではなく「準備万端だから打ちに行く」ので、攻めが効いていない。わたし自身も万全な状態で打ち込んで来ようとしてくる相手を対処できる能力が無いため、どうにもならない。よって、相手を引き込めていないということになります。

 

 

どうして引き込めないのか

相手の心への揺さぶりが足りません。打とうとしているのか、応じようとしているのか、打とうとみせかけて応じようとしているのかその逆なのか、とわたしがどんな行動を取ろうとしているのかをわからないようにさせないといけない。

 

 

それは、表から裏から中心を取ったり抑えたりなどの攻め気を伝える、つまり「おれはお前を倒すぜ!」を表現するのも大事です。が、一般的に触刃の間はまだまだ安全圏、ただちに危険が迫る間合いではないため、相手もゆとりが持ちやすい。慣れている人は「この人は触刃の間から攻め込んでくるのがパターンだからすぐに打ってくることはないし、常に一足一刀から攻防展開すればイケるな」と思われてしまっているのでしょう。

 

まあ、怖くないということですね。なので、殺す気で来いよ、と言われてしまうんですね。

 

どうすれば殺す気で対峙していることを伝えられるのか

2つあります。

 

1つは間合い。その人にとっては触刃の間が怖くないのかもしれません。遠くから仕掛けられるのが苦手な人もいれば近間が苦手な人もいます。ちなみに私は近間主体の剣道が苦手です。

 

にも関わらずその間合いから勝負をかけ続けるというのは攻めがワンパターンということです。反応力に自信がある人なら物理的な怖さを見せた方が反応はしやすい特性を活かして剣道を展開することが有効だと思います。

 

もうひとつはこちらの気持ちを掴ませないこと。構えた時に打ってやろう、返してやろうと決めてしまうとき、あると思います。一番大事なのは、自分がどんな手段で来るのかを相手に想像させないこと。

 

大事なのは決めてかからないで、状況に応じて打つ・応じるをスイッチさせること。敢えて捌く、という行為をして相手に「こっちは見透かしてるんだぜ」という気持ちを相手に伝えることも有効だと思います。こうして相手を惑わせて変なタイミングで打たせて返す、相手がどうすればわからなくなったところを打ち込む、打とうと知ったところを乗って応じる、などこちらの剣道が千変万化することを伝えていきたいな、と思います。

 

まとめ

技だけでなく、気持ちや攻めの組み立てをしっかりしていきたいと思います。