稽古日誌

剣道の攻めがワンパターンで技の組み立てが出来ていなかった話

先日、稽古をした際に心掛けたのはとにかく触刃の間合いから攻め込んで打つことを心掛けていました。基本戦法は

・触刃の間合いから攻め込んで打突

・常に触刃の間合いをキープする

・相手が強引に間合いに入り込んできたら乗って仕留める

 

となります。

 

一本勝負で勝てなかった

稽古中では、自分でも気持ちよく触刃の間合いから面を放つことが出来て良かったと思っているのですが、一本勝負になると全て出小手で負けてしまいました。

 

ここから学ぶべきは「攻めがワンパターン」だったこと。相手だってそんなに遠い間合いから打たれたらどうすれば良いのか、と対処をしてくるわけで同じスタイルで戦っても辛いものがある。

 

では遠い間合いからの攻め以外にもどんな攻め口でいくべきか。

 

 

「張れてないよ」

それは張ること。前回、とある先生から徹底して触刃の間合いから打って自分の特徴を活かすことを教わり、常に触刃の間合いからの展開を意識していました。

 

すると、自然と私が下がるようにならざるを得ないんです。そのまま下がるのも嫌なので左回りになりながらですが、弱者が強者の周囲を回る理論が当てはまってしまいました。

 

もちろん、相手が入り込んできたところをそこで仕留められれば、それに越したことはありません。しかし、その剣道に捉われれば私が入ったところを狙えば良いだけで、これもワンパターンな攻めになってしまう。

 

遠い間合いから打てる。それも一つの選択肢

相手が間合いに入り込んできたところで乗る。それも一つ。

相手が間合いに入り込んできて、その緊迫感の攻防を制して打つ。これも一つ。

遠い距離に慣れさせておいて、こちらがぐっと近間に入り込み、動揺させて打つ。これも一つ。

 

当然、張る行為も選択肢の一つなだけで、これだけではスピード展開する剣道に翻弄されてしまいます。大事なのは2つ。

 

1)攻めの引き出しをいくつもっているのか

2)展開の組み立て=1つの勝ち方、成功パターンに捉われない。

 

 

 

立ち合いからの初太刀の練習になっていない

ここは重要。剣道は初太刀一本の取り組み方次第で稽古1日分に相当する、と言われるくらい初太刀を意識しないといけません。ここを理解するようになってからは、例え相手が勢いよく面に来るとわかっていても返し胴などを狙わなくなりました。

 

しかし、現状のわたしの遠い間合いからの攻防では、気の練りあいが無い。触刃の間合いからじわりじわりと死線に入り込み緊迫感を制した打突の練習をしないと際の際で勝つ練習が出来ず、地力を鍛えられません。

 

 

まとめ

わかっていたつもりですが、剣道に必勝法がないことが改めてよくわかりました。やはりバランスが全て。しかるべきタイミングにしかるべき技でしかるべく勝つ。

 

難しい!でも、だからこそ、楽しいのが剣道なんですね。