稽古日誌

剣道の稽古後になぜか親指と人差し指の間が痛くなる理由が竹刀の振り方に問題があることがわかった話

結局、竹刀をちゃんと振れていない、という話になるのですが。

 

 

人間のツボで「合谷」という箇所をご存知でしょうか?

ここです↓

「合谷 ツボ」の画像検索結果

 

 

以前、親指と人差し指で竹刀を握る、いわゆる「クソ握り」という持ち方・振り方になっているから痛い、ということを話しました。が、今は左手が小指半掛け、つまり小指の上の方でしか竹刀を持たず、小指の下部分を余らせることで自然と腕の下の筋肉を使うことになるので竹刀が振りやすくなっており、随分と改善がされてきているはず。現に、合い面などでも打ち勝てるようになってきているので、竹刀に力が伝わってないこともちょっと考えづらい。

 

 

しかし、この間の稽古で指摘されたのですが、わたしの面打ちて置きにいった打突になっているそうなんです。

 

竹刀は左手を軸に、つまり構えた状態から左手を相手の喉に向かってアッパーをするように振ると自然と右手もその動きに合わせて打突ができる、というのが竹刀を振る合理的な太刀筋です。なので、左手は人差し指を下から突き上げるような振り方になってるとOK。

「アッパーカット」の画像検索結果

 

ところが、わたしの場合は左拳でそのまま突くように直線的な動きをしているのでどちらかと言うと振り切るというよりは合わせに行ってる面打ちなんだそうです。合い面を合わせる時はそんな振り方になるな、というのはみなさんも身に覚えがあるのではないでしょうか?

関連画像

 

わたしはそんな振り方が基本の癖となってしまっているそうです。もちろん、面の打ち方は一つだけではないので、この方法も一つの手段ですが、わたしの課題はすべてがワンパターンになること。それが竹刀の振り方にも表れており、それが常態化してしまっている、ということですね。なまじ打ち勝つことができるから、これは指摘されないと気付かないな…。

 

 

ではどうやって改善をかけていくか、それは攻めにあるのかな、と思いました。それを次回に記載してみたいと思います。