稽古日誌

剣道は突きだ。とにかく突きだ!突きが出来ないと良い素振りは出来ない!

前回、わたしの面打ちが振り切った面打ちというよりはそっと置きに行った打突になってしまっている。それのやりすぎが原因で親指と人差し指の間にあるツボ、「合谷」という箇所が痛くなっている。そんな話をしました。

「合谷」の画像検索結果

では、どうすれば、竹刀を振れるようになるのか。

 

それは、突きです。

 

 

社会人になると突きを実践する機会が少なくなってきますが、突きを繰り出す・繰り出さないは別として面の次に習得しておきたいくらい大事な技です。

 

突きは最大の攻め技

突き技は、面・小手・胴とは違って直線の動作になり、ほかの技とは趣が異なります。実際、本当にうまい人の突きは突かれるまで何をされているのかわからない時がありますからね。

 

突きが上手い人は攻めもうまいです。まず、突ける人は相手の中心を割って入る気概が無いと成立しません。還元すると、相手の竹刀が開いたから突きが空いて突く、といった隙を伺う技ではありません。わたしが学生の時はそこを勘違いしていて、突きの中でも相手に悟られにくい方手突きを得意としていました。

 

 

片手突きが上手い人は試合巧者だが…

片手突きは

・遠い距離からでも突ける

・物理的に届きやすいので、大きな動きをしないでもあたりやすい。つまり、初動がわかりづらいので機会を盗むことがしやすい

 

という技なので、攻め気を見せて勝ち取る、というよりは色の無い剣道のような印象ですね。だからでしょうか、高段者の方、つまり後の先をモットーとする先生方は諸手突きより片手突きを繰り出す方が多い印象です。

 

技の引き出しの一つとして大いに有効な技ですが、「攻めが足りない!と言われる人が繰り出しても効果は半減かもしれませんね。基本は諸手突き。これでしっかり攻めを学びましょう。

 

攻めとは三次元である

わたしにとっての突きの練習はここを知るため。

 

攻めが弱い人の特徴を考えてみると、攻めが2次元になっている気がするんです。つまり、竹刀の表・裏・右・左と攻めますが、実はこの4つ以外に「奥」があると思っています。

 

熟練者はどの打突が危険でどれが危険でないかが察知できます。竹刀を抑えても払ってもタイミングをずらしても、当たらないものは当たらないとわかるので相手を崩すまでには至りづらい。

 

まとめ

「抑える」や「払う」が現象的な意味で「危ない」と思わせるならば、「奥」は心理的な意味で「危ない」と思わせることが可能です。攻めに求められるのは後者です。これを身につけるためにぜひ、突きに励んでみてはいかがでしょうか?