稽古日誌

剣道の攻めに困っている人はまずは表からしっかりと攻めよう

攻めの定義は相手が「怖い!」と思うことが、攻め。

 

竹刀を抑えるのが攻めではなく、打突をするのが攻めではありません。攻めとは総合力なのだと、かの範士八段、佐藤博信先生は仰っていました。

「佐藤博光 剣道」の画像検索結果

よって、攻めとは見つけるものではなく、作るものだと気づかされました。

 

攻めと攻め口を見つけることを一緒にしていた

ということなんだと思います。

 

 

攻め口とは相手の隙を見つける行為、例えば裏からの攻めに弱い、こちらが一歩攻め入ったら打突してくる、などが攻め口を探す行為です。攻めが圧力をかける行為ならば、攻め口を探した後に攻め(圧)をかける、という流れでしょうか。

 

 

 

それを理解しないでいたため、わたしの竹刀はせわしなく動いていました。表から、裏から、右から左からと、まるでご機嫌を伺うかのような竹刀運びです。

 

竹刀が動くことが悪いのではなく、相手から中心を奪うこともなければ抑えたり払うことも無いため、相手からすれば怖くもなんともない、と言ったところ。これを攻めだと勘違いしていたわたしは恥ずかしい…。

 

 

~攻め口は忘れて表から攻めよう~

しかし、裏を返せば相手に「怖い」と思わせれば攻めになるので形に捕らわれることは無い、と解釈できます。まずは、正攻法で表から相手に圧力をかけていくことを大切にすべきなのでしょう。

 

 

⇒自分:表から圧力をかける

⇒相手:表の圧力が強いから裏から攻めて中心をとり返そう

⇒自分:相手が竹刀を裏に回した瞬間に飛び出して面にいこう。

 

 

これが攻めの手順と解釈しました。裏から圧力をかけるなどはもう少し技量が上がったらの話し。いや、最後まで必要ないのかもしれません。わたしが尊敬する7段の先生は「おれは不器用で攻めのパターンはそんなに持ってないよ」とおっしゃっていましたが国体出場していますし、7段を取得できるくらいなので。

 

まとめ

シンプル イズ ザ ベスト。

 

 

ということですね!