稽古日誌

竹刀の剣先を下げてから面打ちは竹刀を強制的に振るから打ちやすく感じる

しっかり振ると、それだけ打突のスピードが遅くなって打ち負けるのではないか。

 

 

そんな気持ちになること、ありますよね。ですが、我々は既に竹刀を大きく振ることの有効性を、理解しているのではないでしょうか。

 

剣先を下げると打ちやすくなる不思議

例えば、面を打つとなれば中段の構えからそのまま打ち出した方が最短で届きます。しかし、相手の鍔元、右小手を突くように攻めてから面をを打つとしっかりと打てたような感覚になること、ありませんか?

 

 

先日の稽古の時ですが、構え合った剣先の位置で表から攻めつつ、急に鍔元を攻めたあとに面を打ち込みました。すると、自分でも驚くくらい、基本の面打ちのような有効打突が決まりました

 

 

剣先が相手の面から遠くなることで、強制的に竹刀を振っているからなんですよね。この時の竹刀の振りとは、剣先を中心としたときのことです。つまり、こういうことだと思います。

 

実は中段から小さく面を打つのが一番難しい

なぜかと言うと、面まで最短で打てるからです。なまじ竹刀を振りかぶらなくても当たってしまうので、振りの小さい面打ちになりがちなんです。加えて、最短の距離なのに大きな振ることが遠回りをしていそうで複雑な気持ちになってしまうんですよね。

 

 

警察の方の剣道の共通点て竹刀をしっかり振っているんですよね。竹刀を大きく振ると言うと、つい打ち込みのような大きく振りかぶった面打ちをイメージしてしまいます。

 

 

腕を大きく振り上げず、竹刀の先端だけが大きく動く。先人の方々は竹刀を天井に刺すように竹刀を振れ、とおっしゃいますが、まさにその通りだと思います。

 

 

まとめ ~面打ちは急がば回れ~

中段の構えからだと面が打ちづらいのは、竹刀を振っていないから。相手の鍔元を攻める打ち方は、自然と竹刀の先端が半円運動を起こすように竹刀を振っているからです。

 

 

ならば中段の構えからでも、しっかりと竹刀を振ること。天井に竹刀を刺すように竹刀を振ると自然と竹刀を大きく使うことが出来ます。その際に、腕まで大きく振り上げないように注意をすること。

 

 

がまとめになります。