稽古日誌

剣道で勢いに任せた打突にしないために攻め勝って打とう、という話

高段者の方って「打つぞ!」という気負いが無くても突然スッと力強さを感じさせず打ってきて、それを有効打突にできてしまう不思議があります。フェイントも継足もすることなく攻め気を見せることも無く、突然打たれたように感じる。いわゆる「色の無い打突」は剣道家であればだれもが目指すところです。

 

剣道は「自分ではなく相手のことを考えれば万事上手くいく」と言いますが色の無い打突を心掛けるためには自分ではなく相手のことを考える必要がありました。

 

 

良い打突が出来るときは自分自身が頑張って打っていない

無理な打突をしていない、という意味です。色々なことが全て自然に出来上がっているんです。例えば

 

 

・意図して払ったり巻いたり中心を取るぞ!と思っていない

ああしてやろう、こうしてやろう、と一点の気持ちに集中してしまうことを「止心」と言いますが、脳より先に体が感じている状態ですね。

 

 

・知らない間に自分の間合いになっている

学生であれば開始戦から打つことも可能かもしれませんが、必死になって打ち込むというのは足幅なのか振りなのか気持ちなのか、いずれかに無理が出ている、という意味です。

 

 

わたしも1回の稽古でせいぜい1本くらいしかそんな打突は出来ません。が、最近は幸いにも1回の稽古で確実に色の無い打突が1本くらいは出来ています。それはどんな時なのかを考えてみると「相手が弱っている時」でした。

 

 

例えば相手の竹刀が構えただけになってしまっていて覇気を感じない、足が止まっているなど自分より相手がどんな状態であるのかを着目した方が良さそうなんですね。

 

 

例えば立ち合い直後にこんな打突は出来ません。相手も気迫十分に望んでくるのが普通のはずで、初太刀からそんな打突をもらってしまうということは立ち合いより前の段階に問題がある、ということになります。

 

 

・総じて、手を伸ばせば有効打突になりそうな気がする

こんな風に思える時、ありますよね。わたしは今まで勘違いをしていて、こんな心境になる時は自分自身の条件が良い時だと思っていたんです。気迫十分、足も動かして、攻めが相手に伝わっていて…といった具合。

 

 

確かにそれも大事だと思うのですが、それは要素の一つでしかなくて、自分自身の条件が良かった結果、相手を弱らせている、という手順なんだと思うんです。つまり、手を伸ばせば有効打突になりそうな気がする、というのは相手の状態のこと結果、ということだと思っています。

 

 

 

極端な話、自分の条件が全部良かったとしても、相手に響いていなければ自分の攻めの弱さがそのまま自分に跳ね返ってくることになると思います。

 

 

まとめ                          敵を知り己を知れば百戦危うからずとは言えんが良い戦いは可能

自分を知ることは難しい、と言いますが「自分はまだまだ弱い」という気持ちで自分自身の点検を怠らないようにしていれば、何が出来て何が出来ないのかはわかるようになってくると思います。

 

大事なのは相手を知ること。相手の癖や特徴と言った具体的な話も大事ですが、相手の状況を大雑把にわかる能力、今この人は打ちたがっているのかな、この人の剣先は死んでいる、活きている、などを察知する能力が剣道には求められているのだと思います。