稽古日誌

表からの攻めを中心とした剣道をする理由は手の内を見せない、という効果もあった

構え合ったところからの中心の取り合いは、誤魔化しが効きません。お互いの攻めの実力が表れるせめぎあいの場面と解釈しています。なので、稽古の中では表からの攻めを軸にすることで、しっかりと地力をつけていき、相手を動揺させられる剣道を目指したいものです。

 

 

と、自分で意識をしてみると、思いもがけない効果がありました。それが今回のタイトルのこと。

 

 

地稽古の相手は、たいてい顔見知りの相手だと思います。なので、どんな打ち方をするのか、どんな攻め方をするのかの予測はついてしまいます。

 

 

逆に、試合や審査は殆どが初手合わせです。どんな動きをするんだろう、どんな技を使えてどんな技を得意技にしているんだろう、という気持ちと闘いながら相手と向き合うので、地稽古の時と比べてどうしても警戒心が強い戦いになります。

 

 

立ち合い序盤は攻め方を探る攻めをしないといけない

相手は表からの攻めが強いのか、下からの攻めに弱いのかなど、相手のことがわからないまま、自分が面が得意だからと面に突っ込んでいく。これではただの賭けになってしまいます。

 

 

なので、序盤は表からの攻めで相手を「恐懼疑惑」(驚く、怖がる、疑う、迷う)の精神に持ち込みつつ、相手の剣道を知ることがベスト。

 

 

団体戦など展開の早い立ち合いは、別のやり方が必要かもしれませんが、序盤の展開はこのようでありたいもので、自分の手の内を全てさらけ出すような試合運びは戒めたいもの。

 

 

たとえば、剣先で「相手の左目を突く」ように攻めて相手の手元を上げるのを誘う攻め方があります。が、ある程度経験を積んでいる人は「あ、そういう攻めをするのね」と、もう同じ手で手元を上げることはしません。むしろ、2回、3回と同じ攻めを見せれば、相手からすればそれが打つ機会に見えてしまうかもしれず、逆にこちらがピンチに陥ります。

 

1回の立ち合いにつき1回しか使えない(と思った方が良い)攻め方とは

ということで常用してはいけない攻めがあるな、と思いまして、それは足と竹刀を同時に使わないといけない攻めです。たとえば

 

・相手の左目を突くような攻め

一足一刀の間から足を使わずにこの攻めを見せても腕が伸びるだけで圧力を感じさせることができません。

 

 

・巻く

わたしが下手なだけかもしれませんが、これも足を使わないと逆に相手に隙を与えるだけな技の気がします。

 

 

・上から乗る

構え合った状態から少しだけ下を、相手の右小手を突くように攻めると、相手は嫌がって剣先を下げます。そこをすかさず上を制して打つ。これも足を運ばないと威力は発揮できません。

 

 

抑えるはどうかな、と思ったんですけど、これは抑える⇒右足を使うが出来るので除外しました。

 

まとめ

右足を運ぶ必要がある攻めはここ一番のためにとっておく。通常の攻めは張る、払う、溜めるなど、表からの攻めを駆使して相手の動きを引き出す。

 

技に頼るより前に、気持ちで相手に勝ることを念頭に置きたいと思います。