稽古日誌

剣道で言う「乗る」技を出すために間合いを重んじる

前回、剣道で言う「乗る」とはどういうことかということについて触れましたが、もう少し補足が必要でした。「乗る」ことと「間合い」が密接な関係がありまして、そこを追記します。

 

乗るための前提として、相手に攻め勝つことが求められます。では、いつまでに攻め勝たないといけないか。それは触刃の間からです。

そうそう打たれない間合いなので、ついぽやっとしてしまったり、相手の出方を伺うような気持ちになりがちな間合いですが、ここから相手をじわじわと追い詰めていき、相手を苦しめていかないといけません。もちろん、まだまだ死線を跨ぐ距離では無いので、明確に攻め勝つことが出来る間合いではありません。ほんの少し攻め勝つことが出来れば十分です。

 

 

ところがここで疑問に思うのは

 

 

「攻め勝ってる!」と思える判断てできるのか?

攻め勝ったつもりで打ってみたら逆に応じられたり、実は攻め勝っていて相手は居着いているだけなのに、それがわからず「打ち間じゃない」と攻防を繰り返してしまったり、という経験は皆さんお持ちだと思います。

 

 

しかし、それが出来るんです。特に触刃の間合いだからこそ判断できる方法があります。それは、相手が何をしようとしているのかなんとなくわかる時です。

 

 

特に下手というか子供と稽古をするとわかりやすいのではないでしょうか。「あ、この人出小手狙いだな」とか「今打ったら三所避けするんだろうな」となんとなくわかる時があると思います。あの状態は紛れもなくこちらが優位に立っている状態です。

 

 

これがわかる、というのは相手は自分の行動を意識することで精いっぱいになってしまっていて、攻め気を相手に伝えるどころではなくなっているんですね。なので、この状態になれば、迷わず乗って打ちに行くべきです。では、どうしてなんとなくわかるのか。それは

 

 

相手の足が止まっているから

だと思っています。剣道の足遣いってけっこう意図がはっきり見えます。

 

 

せわしく動いている時は実は逃げ足になっているか、立ち会いの方向性が分からずとりあえず足を使って的を絞らせないようにしているか。

 

 

足が止まっている時は応じ技で一本を取ろうとしているのか、もしくは居着いている、といったところでしょうか。

 

 

本当に注意しないといけないのは、左足が動いておらず、右足が活きている状態です。なので、相手にその状態を作らせない。そのために、出足を封じないといけなません。